採用はどうやって決まるの?

看護師の仕事の中でも、
比較的仕事自体が難しくなく、
精神的にも体力的にも楽。

 

と言われているデイサービスですが、
ここで働くためには、求人に応募して、
そして採用されなければなりませんよね。

 

では、採用される為にはどうしたらいいのでしょうか?

 

 

求人に応募する時には、
履歴書やエントリーシート、
職務経歴書などを提出しますよね。

 

基本的な看護師としての経歴やキャリアなどはこれでチェックできますが、
採用側は次の段階である面接を重視します。

 

面接ではその人の人柄をチェックされるんです。

 

看護師免許を取得しているということだけでも、
実はデイサービスでは基礎的な看護の技術はあると認識されています。
それよりも、人柄が大切なんです。

 

 

 

面接ではどうしてデイサービスの求人に応募したのか
という点を聞かれることが多くなります。

 

医療現場でも看護師不足は深刻で、
どちらかというとデイサービスよりも高い給料を得ることが出来ます。

 

それなのに介護施設で働くことを選ぶのは
何故かという点はやはり気になりますよね。

 

 

また面接での受け答えというのも、
非常に気にされます。

 

分かりやすくハキハキと答えることが出来るのかという点は、
高齢者とのコミュニケーションがスムーズに行うことが出来るか。
という点にもつながっていくからです。

 

面接は一度だけではなく、2度・3度と行われることもありますよ。
介護分野の面接では実はこれはよくあることで、
1度目は志望動機が、2度目は勤務時間の希望などが利かれることが多いんです。